関節痛にトドメを|サプリメントで痛みを撃退

ウーマン

善玉菌を効率的に増やす

レディのお腹

熱や酸に強い芽胞

日頃から便秘など腸の健康に問題を抱えている人は、特に女性の間で少なくないものです。そのような人は腸の中で善玉菌が減っている可能性があります。善玉菌は蠕動運動を促し、腸の働きを正常に保つ働きをしているのです。腸の善玉菌が減ると悪玉菌が増え、腸内の環境が悪化してしまいます。こうした善玉菌や悪玉菌は腸の中で種類ごとに群れを作っており、これを腸内フローラと呼びます。乳酸菌やビフィズス菌が代表的な善玉菌で、悪玉菌の代表格は大腸菌です。腸の環境を整えて便秘を解消させるには、乳酸菌やビフィズス菌を増やす必要があります。いずれもヨーグルトなどで手軽に摂取できるように思われがちです。しかしながらそれらの菌は酸に弱く、食品から摂取しても大半が胃酸の影響で死滅してしまいます。そんな中で枯草菌に注目が集まっています。自然界ではごくありふれた存在の枯草菌が腸に存在すると、善玉菌を増やす働きをしてくれるのです。枯草菌は芽胞と呼ばれる硬い殻に包まれているため、100度の熱や強い酸にも耐えます。食品から摂取した場合は99%が生きたまま腸に達すると言われています。納豆を作ることで知られる納豆菌も枯草菌の一種です。

納豆の苦手な人に

枯草菌はその名の通り、自然環境の中では藁などの枯れた植物に多く存在しています。納豆の他にも味噌や醤油のもろみに枯草菌が含まれており、和食を普通に食べていれば自然と枯草菌も摂取されます。藁を加熱すると納豆菌以外の雑菌は高熱で死滅しますが、丈夫な芽胞で守られているため納豆菌だけは生き延びます。納豆はその原理を応用し、納豆菌だけを藁に繁殖させて大豆を発酵させることにより作られるのです。納豆の代表的な有用成分のナットウキナーゼは、さまざまな健康効果が得られることでも知られています。そのためナットウキナーゼを配合したサプリメントも多く製品化されており、健康に関心を持つ人の人気を集めています。毎日納豆を食べている人は、ナットウキナーゼも納豆菌も不足することはありません。しかしながら東日本と西日本で食習慣は大きく異なっており、東日本と比べて西日本では納豆の苦手な人が多いものです。納豆を食べない人でも、枯草菌を配合したサプリメントを摂取することで腸の善玉菌を増やすことが可能になりました。乳酸菌やビフィズス菌を摂取しても便秘が解消できない人は、枯草菌配合サプリメントを試してみる価値があります。