関節痛にトドメを|サプリメントで痛みを撃退

ウーマン

更年期障害を軽くするもの

中年の女の人

一体どういうものなのか

最近テレビなどでお馴染みのエクオールがなぜ今注目されているのかと言うと、外国の医療誌に日本人は大豆食品を欧米より多く摂るために更年期障害が軽いと発表されたことが一端にありました。これを受けて大豆イソフラボンが一躍脚光を浴びて、大豆製品の豆乳などを摂る女性が増え始めました。何故なら最近になってエクオールは、この大豆イソフラボンが体内の腸内細菌と結びついて、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと同様の働きをする物質になることが分かったからです。しかしこのエクオールは誰もが作れるわけではなく、アジア圏に住み大豆をよく摂る国の女性でも5割程度しか作れませんし、欧米では3割程度に過ぎないことが分かっています。

どんな作用があるのか

ではエクオールとは具体的にどのようなものなのかと言うと、主に更年期に起きるほてりや動悸、息切れ、またのどや口の渇きに肩こり、倦怠感、それと不眠や食欲不振、性交障害など様々な作用を軽減することです。他にも抗酸化作用によって肌を美しく保つこと、女性ホルモンの減少によってカルシウムが減るのを防ぐ作用、高コレステロールや高血糖になりメタボリックシンドロームになるのを防ぐ作用もあります。また過剰なエストロゲンは女性特有のがんに影響するのですが、エクオールには過剰なエストロゲンを防ぐ抗エストロゲンの作用もあり、がんの発生を抑制することも期待されています。加えて女性のみならず男性ホルモンのアンドロゲンの過剰で起こるがんなどにも同じ効果が期待されています。